誰でもできる!腕時計を魅せるファッション☆3つのテクニック

時計が見えるファッションにする

まず、腕時計を中心としたファッションにしたいなら、時計がよく見えるようにする必要があります。例えば男性でカッターシャツを着ている場合は、少し腕まくりをして、時計を見せる形にしましょう。女性の場合は、最初から七部丈くらいの袖の長さの服を着用することで、時計の存在を目立たせることができます。女性の場合は、服装によっては腕まくりをすると上品さが損なわれてしまう場合があるため、気をつけるようにしましょう。

時計のベルト部分と服の色を合わせる

時計の色が目立つ部分といえば、何といってもベルト部分です。そのベルト部分と服の色を合わせていくということですが、これはベルト部分が赤なので同じような赤の服を着るべきだ、ということではありません。その色合いを見て、相性の良い色を着用しましょう、という意味です。例えば赤の時計なら、黒っぽい服を着ても大人っぽくクールなコーディネートに仕上がります。あまり同じ色ばかりで統一すると、アクセントや面白みがなくなってしまうため、注意しましょう。

時計のデザインと服の系統を合わせる

最後に、色だけではなく時計のデザインと服の系統を合わせる必要があります。デザインの系統…というと難しいような気がしてしまうかもしれませんが、例えば「メカメカしくロボットっぽい時計」「上品な大人が使うような時計」など、同じ時計でもそれにより、パッと見た時の「イメージ」があると思います。そのようなイメージと、服装のイメージを合わせることが大切だということです。ここを合わせずバラバラにしてしまうと、折角良い時計をつけていても、安っぽく見えてしまうことがあるためです。

タグ・ホイヤーの時計は高級品として世界のセレブから人気を集めています。スイスのメーカーで信頼性も高いです。