七五三の晴れ着について

七五三で重視されるもの

七五三は、子供の成長を願う行事の一つです。女の子は三歳と七歳で、男の子は五歳で行うの一般的と言われています。神社で、祈祷をしてもらい、親族で食事会をするということが多いですが、現在は神社にお参りだけ、記念の写真撮影だけという家族も少なくありません。特に、祖父母が遠方に住んでいるなどの理由があると、みんなで食事会などは難しくなります。それよりも、子供の成長した晴れ姿を見せたいと、写真に重きを置く風潮があるのです。

七五三の晴れ着の種類

七五三の写真撮影とき、子供たちは七五三晴れ着を着ます。男の子は袴、女の子は三歳は被布、七歳は着物を着ます。どの衣装も、レンタルや販売などがあります。また、特に女の子の着物などはお母さんが着ていたものを子供にも着せたい、という人も多く、親子二代にわたって同じ着物に袖を通すこともあります。着物のデザインは決してすたれるものではないので、三十年程度前の着物でもきちんと保管してあれば、むしろ趣のある素敵な晴れ姿となります。

晴れ着のレンタルが人気

 また、現在はレンタルがとても人気です。着物は高く、着る機会が少ないということと、保管する場所もないということで、当日のみ充実させることができるレンタルに人気が集まっています。 特に、写真スタジオで七五三前に前撮りをすると、安くレンタルできるというプランが注目されています。写真スタジオでも残せ、着物もレンタルできるというお手軽感が若い人に受け入れられているのです。さらに、写真撮影の時とレンタルの着物は違う着物が選べるところが多いので、違った表情の子供の思い出を残すことができます。

子供の成長の証として七五三が行われます。男の子なら3歳と5歳の時に袴を着て、女の子なら3歳と7歳の時に着物を着て化粧をします。11月に家族で記念撮影をしたり、神社でお参りします。